English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(セッション別) : ST-24

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

ST-24 [部会横断型シンポジウム]
二酸化炭素資源化(CCU) ; CO2再利用の為のプロセス開発と基礎物性

オーガナイザー:町田 洋(名古屋大学)山田 秀尚(地球環境産業技術研究機構(RITE))高橋 伸英(信州大学)大場 茂夫((株)応用物性研究所)

地球温暖化問題の対応として提案されている二酸化炭素回収及び埋設(CCS)を超えて、二酸化炭素を資源として再活用する技術(CCU)が必要とされています。
 そのための要素技術として分離技術と物性をとらえ、今後のプロセス開発及び実用化に結びつけるための方法を考える出発点となる議論を提供することを目的として、基礎物性部会,分離プロセス部会,及び環境部会の3部会共同で、部会横断シンポジウムを開催致します

CE 会場 ・ 第 1 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
CE 会場(工学部共通棟 3F 303)第 1 日(9月18日(火))
(9:00~9:40) (司会 高橋 伸英)
9:009:40CE101[展望講演] CO2利用の世界動向
(エネ総研) (正)黒沢 厚志
CO2 utilization
Paris Agreement
Innovation
ST-2480
(9:40~10:20) (司会 町田 洋)
9:4010:20CE103[招待講演] 再エネ水素を用いたCO2の燃料化技術とその展望
(日立造船) ○(法)熊谷 直和(法)泉屋 宏一(法)高野 裕之(東北工大) 橋本 功二
Renewable Hydrogen
Synthesis of Methane
CO2 recycling
ST-24780
(10:20~11:00) (座長 谷口 育雄児玉 大輔)
10:2010:40CE105炭素循環型社会に向けての技術開発課題の1考察
(早大先進理工) (正)松方 正彦
CCU
catalysis
separation
ST-24771
10:4011:00CE106膜分離法によるCO2分離回収プロセスにおいて膜性能が及ぼす影響
(東工大応化) ○(正)小玉 聡(九大工) (正)星野 友(九大I2CNER) (正)谷口 育雄
CO2 capture
membrane separation
process analysis
ST-24848
(11:00~12:00) (座長 小玉 聡大場 茂夫)
11:0011:20CE107ネガティブカーボンエミッションへ向けたCO2分離膜モジュールの開発
(九大I2CNER) ○(正)谷口 育雄衣笠 佳恵豊田 摩理子
membrane separation
membrane module
negative emission
ST-24359
11:2011:40CE108CO2 solubility and phase behavior in phase separation solvent at high pressure
(産総研東北) ○(海)リトヴィノヴィッチ アンジェイ アレクサンダー(正)牧野 貴至(正)河野 雄樹(名大院工) (正)町田 洋(正)則永 行庸(産総研東北) (正)金久保 光央
Carbon dioxide capture
Phase separation solvent
CO2 Solubility
ST-24356
11:4012:00CE109プロトン性イオン液体の二酸化炭素/メタン吸収選択性
(日大院工) (学)渡邊 正輝(日大工) ○(正)児玉 大輔(産総研) (正)牧野 貴至(正)金久保 光央
protic ionic liquid
absorption
selectivity
ST-24464
(13:00~13:40) (司会 大場 茂夫)
13:0013:40CE113[展望講演] 先進的CO2分離回収技術の研究開発
(RITE) (正)山田 秀尚
Amine
CO2 Capture
Molecular Design
ST-24710
(13:40~14:40) (座長 町田 洋高橋 伸英)
13:4014:00CE115廃液かん水を用いたCO2鉱化・骨材生産プロセスにおけるMgO粒子形状の反応速度への影響
(早大院理工) ○(学)佐藤 航平Myers C.津布久 陽平(正)中垣 隆雄
CO2 Capture Utilization and Storage (CCUS)
carbon dioxide removal (CDR)
desalination
ST-24318
14:0014:20CE116CO2吸収速度を向上させるナノゲル複合材料の開発
(九大院工) ○(学)片渕 航汰寺山 友規山下 知恵本田 竜太朗(正)星野 友(正)三浦 佳子
particle
CO2 separation
gas diffusion
ST-24974
14:2014:40CE117アミン担持磁性粒子を用いたCO2吸収/放出システムの検討
(東理大院) ○(学·技基)増田 彩花(名大) (正)嶋田 友一郎(東理大) (正)松川 博亮(正)納谷 昌和(正)庄野 厚(正)大竹 勝人
Carbon dioxide absorption
Magnetic nanoparticle
Amine functionalization
ST-24542
14:4015:00休憩
(15:00~15:40) (司会 山田 秀尚)
15:0015:40CE119[招待講演] 東芝のCO2分離回収に関する活動について
(東芝エネルギーシステムズ) (法)千葉 典子
Carbon Capture Technology
Carbon Capture and Utilization
Carbon Capture and Storage
ST-24200
(15:40~17:00) (座長 牧野 貴至山田 秀尚)
15:4016:00CE121分子動力学法による長鎖イミダゾリウムイオン液体の小分子吸収能と輸送物性解析
(阪大院基工) ○(正)石井 良樹(正)石塚 良介(正)松林 伸幸
molecular dynamics
ionic liquids
CO2 adsorption
ST-24961
16:0016:20CE122間接加熱式温度スイング吸着TSA操作による排ガス中のCO2分離濃縮
(東邦ガス) ○(法)増田 宗一郎(法)岸 英順(金沢大理工) (正)児玉 昭雄
Thermal swing adsorption
CO2 separation and enrichment
Low temperature waste heat
ST-24260
16:2016:40CE123CO2分離のための分子ゲート膜モジュールの開発
(RITE) ○(正)甲斐 照彦段 淑紅伊藤 史典石黒 兼二郎馬場 宏治杉田 啓介(正)中尾 真一
molecular gate membrane
CO2 separation
IGCC
ST-24269
16:4017:00CE124アルミナ多孔質中空糸膜を用いたアミンからのCO2フラッシュ放散における膜特性および圧力差のCO2放散速度への影響
(信州大繊維) ○(正)高橋 伸英(正)嶋田 五百里(正)長田 光正(正)福長 博
CO2 stripping
chemical absorption
Carbon capture and storage
ST-241041
(17:00~17:20)
17:0017:20総合討論

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org