English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(セッション別) : SY-75

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

SY-75 [バイオ部会シンポジウム]
次世代バイオ分離プロセス- 連続生産 長所と短所

オーガナイザー:山本 修一(山口大学)

バイオ分離プロセスの効率化として、連続運転や単位操作の連結が期待されている。ここでは既存の方法や、既存のクロマトグラフィー分離剤の性能を基に現状と今後の展開について討議する。

FD 会場 ・ 第 1 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
FD 会場(共通教育棟1号館 2F 124)第 1 日(9月18日(火))
(13:15~13:20)
13:1513:20シンポジウム概要説明
(13:20~14:40) (司会 山本 修一水口 和信)
13:2013:40FD114[依頼講演] バイオプロセス製造における生産性向上への取組み
(GEヘルスケア・ジャパン) 福澤 時秀
continuous
chromatography
SY-75565
13:4014:00FD115[依頼講演] 統合された単位操作による"End-To-End"のバイオ医薬品連続生産のための取り組み
(日本ポール) 長谷川 孝夫
Continuous Manufacturing
Acoustic Wave Separation
Virus Inactivation
SY-75376
14:0014:20FD116[依頼講演] 2カラムによるクロマトグラフィーの連続操作
(ワイエムシィ) ○(法)谷口 雅俊(クロマコン) Anstaett PhilippMüller-Späth Thomas(ワイエムシィ) (法)黒田 典孝(法)栗山 尚浩
chromatography
continuous-operation
productivity
SY-751082
14:2014:40FD117[依頼講演] 抗体医薬品製造におけるプロテインAクロマトグラフィー工程の生産性を考慮したプロセス強化
(メルク) ○(正)伊藤 隆夫赤井 祐介
Protein A chromatography
Process intensification
Monoclonal Antibody
SY-75706
(15:00~16:20) (司会 山本 修一伊藤 隆夫)
15:0015:20FD119[依頼講演] 擬似移動層クロマトグラフィー装置の製薬への適用
(オルガノ) ○(法)佐藤 康平(法)岡田 一夫(法)荻野 修大
SMB
chromatography
pharmaceutical
SY-75945
15:2015:40FD120[依頼講演] 連続クロマトの生産性とレジンの洗浄性の相関について
(JSR) (法)板谷 佳織
Continuous
Chromatography
Wash
SY-75385
15:4016:00FD121[依頼講演] 高機能アフィニティーセルロース担体を用いた抗体キャプチャー工程の生産性の向上
(カネカ) ○(正)水口 和信(法)鴻池 史憲(法)村田 大(法)西八條 正克(正)本田 達也
antibody purification
affinity chromatography
highly crosslinked cellulose
SY-75759
16:0016:20FD122[依頼講演] アニオン交換カラムクロマトグラフィーによるウィルス除去膜ろ過性向上の効果
(旭化成) ○(法)白瀧 浩伸(JNC) (法)青山 茂之(法)松本 吉裕
AEX Chromatography
Virus filter
Mix-mode AEX
SY-75176
(16:20~17:40) (座長 山本 修一石原 尚)
16:2016:40FD123[依頼講演] 抗体医薬品の連続製造における統合フロースルー精製の活用
(アステラス製薬) (法)市原 隆光
chromatography
biologics
flow-through chromatography
SY-751090
16:4017:00FD124[依頼講演] 連続操作によるクロマトグラフィー分離の生産性評価
(花王) ○(正)杉山 征輝(山口大) (正)吉本 則子(正)山本 修一
continuous
chromatography
productivity
SY-75192
17:0017:20FD125バイオクロマトグラフィーの連続操作:利点と問題点
(山口大) (正)吉本 則子(正)山本 修一
chromatography
continuous-operation
productivity
SY-751081
17:2017:40総合討論
(山口大) (正)吉本 則子(正)山本 修一(協和発酵キリン) (正)石原 尚

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org