English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(セッション別) : SP-2

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

SP-2 [特別シンポジウム]
地方発・民間主体による次世代エネルギー社会への変容のためのキードライバ

オーガナイザー:中垣 隆雄(早稲田大学)古山 通久(物質材料研究機構)

大規模集中型から小規模自律分散型の次世代エネルギーシステムへ移行しようとするメガトレンドの中、地域の課題をビジネスチャンスに変え、これまでの延長線上にはない持続可能な社会へと変容していくことに大きな期待が寄せられている。そのためには、様々な関連主体の中からイニシエータが登場してエコシステムを構築し、破壊的イノベーションにつなげていくことが望まれ、これからの日本の経済競争力の維持・向上にとっても必要である。本シンポジウムでは新たな価値観の下で、この社会変容の契機となる地方発・民間主体のキードライバについて、識者の講演を通して参加者とともに考える。

AA 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
AA 会場(稲盛会館 2F ホール)第 2 日(9月19日(水))
(9:30~11:40) (司会 中垣 隆雄)
9:309:40趣旨説明
(早大創造理工) (正)中垣 隆雄
9:4010:20AA203[招待講演] 新国富論、新たな経済指標による地方創生論
(九大院工) 馬奈木 俊介
Wealth of Nations and Regions
SP-233
10:2011:00AA205[招待講演] 地産地消のエネルギーと経済還流 ―公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業(環境省補助事業)―
(九大グリーンテクノロジー研究教育セ) 原田 達朗
Local production for local consumption
SP-234
11:0011:40AA207[招待講演] 行動科学からみた省エネ・環境配慮行動の促進:ナッジ理論の活用例
(電中研) 西尾 健一郎
Behavioral Science
Nudge Theory
Pro-environmental Behavior
SP-235
(13:20~14:00) (司会 中垣 隆雄)
13:2014:00AA214[招待講演] 南九州のエネルギーの状況とEV普及の可能性について
(鹿大法文) 市川 英孝
Energy Supply and Consumption
Southern Kyushu
Electric Vehicle
SP-236
(14:00~14:40)
14:0014:40AA216総合討論
(早大創造理工) 中垣 隆雄(NIMS) (正)古山 通久
Future Energy Society
Transition
autonomous-decentralized system
SP-2253

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org