English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(セッション別) : SY-68

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

SY-68 [システム・情報・シミュレーション部会シンポジウム]
プロセスシステム工学の最近の進歩

オーガナイザー:加納 学(京都大学)高塚 佳代子(宮崎大学)堀江 孝史(神戸大学)

化学プラントの設計・制御・計画・運転・診断・保全等の各場面において,ますます進む高度化・自動化・情報化に合致した,合理的な意思決定を行うためのシステマティックな方法論の開発が必要とされています.本シンポジウムは,プロセスシステム工学分野における最近の研究・技術について活発に議論することを目的とします.

EA 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
EA 会場(共通教育棟3号館 1F 313)第 2 日(9月19日(水))
(9:00~10:20) (座長 金 尚弘木村 勉)
9:009:20EA201見積資源流量によるプロジェクト見積プロセスの管理
(神奈川大工) ○(正)石井 信明(筑波大) 高野 祐一(東工大) (正)村木 正昭
engineering-to-order
project management
simulation
SY-6818
9:209:40EA202メカニスティックモデルを用いたiPS細胞の凍結・解凍プロセス設計
(東大院工) ○(学)林 勇佑(阪大院工) (正)堀口 一樹(正)紀ノ岡 正博(東大院工) (正)平尾 雅彦(正)杉山 弘和
Cryobiology
Numerical simulation
Multiobjective process design
SY-68431
9:4010:00EA203天然ビタミンE高純度化プロセス設計法~モデル原料系から実原料系への展開~
(東北大院工) ○(学·技基)渡邉 智也(正·技基)廣森 浩祐(正)高橋 厚(正)北川 尚美
process design model
vitamin E purification
actual biomass system
SY-681021
10:0010:20EA204口蹄疫感染リスクと防疫予算とのトレードオフを定量的に扱うための手法
(宮崎大) ○(正)高塚 佳代子関口 敏椋木 雅之岡崎 直宣
Keeling model
risks of infection
budget
SY-68473
10:2010:40休憩
(10:40~11:40) (座長 堀江 孝史松本 秀行)
10:4011:00EA206300 mm単結晶シリコンインゴットを製造するCZプロセスのモデル予測制御
(京大工) ○(学)加藤 祥太(学)吉岡 寛展(正·修習)金 尚弘(京大情報) (正)加納 学(SUMCO) 藤原 俊幸(正)水田 匡彦(京大工) (正)長谷部 伸治
Model predictive control
Czochralski process
Gray-box model
SY-68501
11:0011:20EA207Physical-knowledge based extension of attributes for process monitoring
(農工大工) ○(学·技基)Xia Junqing(正)山下 善之
Fault detection
Grey-box modeling
Multi-variable analysis
SY-68670
11:2011:40EA208機能性ポリマー設計のための非線形回帰手法を用いたモノマー配合比の最適化
(東大院工) ○(学)柴山 翔二郎(正)船津 公人
Mixture designs
Optimization
Design of Experiments
SY-681057
(13:00~14:40) (座長 金子 弘昌川鍋 健志)
13:0013:20EA213Framework for data-driven process improvement and operations support in biopharmaceutical drug product manufacturing
(U. Tokyo) ○(学)Casola Gioele(Hoffmann-La Roche) Siegmund ChristianMattern Markus(U. Tokyo) (正)Sugiyama Hirokazu
Digitalization
Smart manufacturing
Decision-making
SY-68232
13:2013:40EA214Data-driven predictive monitoring and operation support for decontamination processes in biopharmaceutical manufacturing
(U. Tokyo) ○(学)Zeberli AniciaBadr Sara(Hoffmann-La Roche) Siegmund ChristianMattern Markus(U. Tokyo) (正)Sugiyama Hirokazu
machine learning
predictive maintenance
big data
SY-68249
13:4014:00EA215多変量プロセスデータからの新しい品質要因同定方式
(富士電機) ○(部)村上 賢哉(部)飯坂 達也(部)松井 哲郎(正)田中 雅紀
multivariate process data
quality
factor identification
SY-68461
14:0014:20EA216非線形回帰モデルの感度を用いた変数重要度の定量化と鉄鋼製品不良要因解析への適用
(京大情報) 川北 拓弥(正)加納 学(新日鐵住金) 谷 雅弘森 純一伊勢 淳治西村 亮一原田 康平
Causal analysis
nonlinear regression model
steel product
SY-68457
14:2014:40EA217吸収係数を用いたマイクロ波フローリアクタの内部状態推定の検討
(静大院工) ○(学)北川 暁子(静大工) (学)内山 太郎(静大院工) (学)田中 達也(静大工) (正)武田 和宏
micro wave
flow reactor
estimation
SY-681065
14:4015:00休憩
(15:00~16:00) (座長 杉山 弘和村上 賢哉)
15:0015:20EA219プロセスの知識を活かしたサンプル選択によるソフトセンサーの構築と検証
(京大院工) ○(学·技基)松山 裕伎生(正·修習)金 尚弘(正)長谷部 伸治
Soft-sensor
Sample selection
Domain knowledge
SY-68280
15:2015:40EA220時系列データの特徴を考慮した新規ソフトセンサー評価手法の開発
(明治大理工) ○(学)小島 巧(正)金子 弘昌
soft sensor
time series data
hyper-parameter
SY-68312
15:4016:00EA221多工程生産設備における装置組合せの適正化による歩留り向上
(京大情報) 鈴木 慶昭(正)加納 学(東芝) 曽我 朗柳町 武志村尾 了高木 雅哉
Machine combination
Product yield
Scheduling
SY-68455

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org