English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : EB会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

EB 会場(共通教育棟3号館 1F 312)

EB 会場 ・ 第 2 日 | EB 会場 ・ 第 3 日
ST-30 | ST-21

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
EB 会場(共通教育棟3号館 1F 312)第 2 日(9月19日(水))
ST-30 [部会横断型シンポジウム]
化学プロセス強化に貢献する膜反応器技術
(9:00~10:20) (司会 宮本 学廣田 雄一朗)
9:009:40EB201[招待講演] Pd系水素分離膜を用いた膜反応器
(宇都宮大院工) (正)伊藤 直次
Palladium membrane
Hydrogen separation
Membrane reactor
ST-3029
9:4010:20EB203[招待講演] シリカ系多孔質分離膜の高度化と触媒膜反応器への応用
(広大院工) (正)都留 稔了
silica-based membranes
catalytic membrane
membrane reactor
ST-30712
(10:40~12:00) (司会 宮本 学中川 敬三)
10:4011:20EB206[招待講演] 化学プロセスへの応用をめざしたゼオライト膜やカーボン膜の研究開発
(山口大院創成) (正)喜多 英敏
Membrane reactor
Zeolite membrane
Carbon membrane
ST-30450
11:2012:00EB208[招待講演] 化学プロセス開発の最前線からの膜技術への期待
(日本ゼオン) (正·技士)三木 英了
Compact Process
High Efficiency
Membrane Technology
ST-3057
ST-21 [部会横断型シンポジウム]
再生可能エネルギー社会実装のための水素製造・精製技術
(13:00~14:20) (座長 近江 靖則久保田 純)
13:0013:20EB213シリル化イオン液体由来オルガノシリカ膜による有機蒸気/水素分離
(阪大院基工) ○(正)廣田 雄一朗(学)中居 拓斗速水 翔平(阪大基工) 佐々木 文也(阪大院基工) (正)西山 憲和
organosilica membrane
ionic liquid
hydrogen separation
ST-21345
13:2013:40EB214Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane (POSS) 骨格を有する分子ふるいカーボン膜の気体透過特性
(広大院工) ○(学·技基)泊野 雄樹(正)金指 正言(正)長澤 寛規(正)都留 稔了
membrane
Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane
ST-21766
13:4014:00EB215DMDPS由来シリカ膜の水素透過分離性能におよぼす水蒸気の影響
(RITE) ○(正)瀬下 雅博(正)浦井 宏美(正)西野 仁山口 祐一郎(正)中尾 真一
Silica membrane
Dimethoxydiphenylsilane
Hydrothermal stability
ST-21558
14:0014:20EB216Triethoxysilane(TRIES)を用いた分子ふるい膜の作製と水素透過特性
(広大院工) ○(学·技基)田中 僚(正)長澤 寛規(正)金指 正言(正)都留 稔了
gas separation
Pd membrane
Sol-gel method
ST-21804
14:2014:40休憩
(14:40~16:00) (座長 金指 正言岡田 佳巳)
14:4015:00EB218水素分離用シリカ基材MFI膜合成におけるフッ化物の影響
(芝浦工大工) ○(正)野村 幹弘鈴木 航平高山 大史(住友電工) 奥野 拓也俵山 博匡石川 真二
High hydrogen permeance
MFI zeolite membrane
KF
ST-2131
15:0015:20EB219プラズマメンブレンリアクターを用いた水素利用エネルギーシステム
(岐阜大院自) ○(学)梶川 大輔静谷 公汰若園 慎太朗(岐阜大工) (正)早川 幸男(正)神原 信志(澤藤電機) 三浦 友規
Hydrogen production
Ammonia
Catalyst
ST-21506
15:2015:40EB220Development of a ceramic membrane reactor for hydrogen production from HI decomposition
(JAEA) ○(正)Myagmarjav O.(正)Tanaka N.(Shibaura Inst. Tech.) (正)Nomura M.(JAEA) Kubo S.
Hydrogen production
membrane reactor
silica membrane
ST-21482
15:4016:00EB221アンモニア分解とCO2メタン化の膜反応器型複合反応システムのための触媒の検討
(岐阜大院自) ○(学)濱島 亮(岐阜大工) (正)宮本 学(岐阜大共用セ) (正)近江 靖則(岐阜大工) (正)上宮 成之
ammonia decomposition
carbon dioxide methanation
membrane reactor
ST-21955
EB 会場(共通教育棟3号館 1F 312)第 3 日(9月20日(木))
(9:00~10:40) (座長 谷屋 啓太菊地 隆司)
9:009:20EB301バナジウム合金膜を用いた大容量平型水素分離デバイス
(NIMS) ○(正)西村 睦(太陽鉱工) 吉永 英雄中川 宏司櫻井 星児(名大院工) 湯川 宏(大分高専) 松本 佳久(鈴鹿高専) 南部 智憲
vanadium
energy carriers
flat membrane
ST-21849
9:209:40EB302Ni/Al2O3触媒上でのメタンのドライリフォーミング反応における炭素蓄積挙動の検討
(神戸大院工) ○(学)エン シコウ(神戸大先) (正)谷屋 啓太(神戸大院工) (正)市橋 祐一(正)西山 覚
dry reforming
carbon deposition
Ni/Al2O3 catalysts
ST-21307
9:4010:00EB303Hydrogen production by methane cracking on supported iron particles with continuous regeneration
(U. Tokyo) ○(海)Keller Martin(Tokyo Gas) (正)Matsuzaki Yoshio(U. Tokyo) (正)Otomo Jun-ichiro
hydrogen
methane decomposition
regeneration
ST-21802
10:0010:20EB304銅置換型MgAl2O4スピネル触媒を用いたジメチルエーテル水蒸気改質による水素製造
(東大院工) ○(正)菊地 隆司大塚 文人(正)高垣 敦Oyama S. Ted
Steam reforming
Dimethyl ether
Spinel oxide
ST-211072
10:2010:40EB305マイクロ波を利用した水素製造用改質触媒への炭素析出早期検出に関する研究
(産総研) ○(正)西岡 将輝(正)倉本 浩司(正)高坂 文彦宮川 正人(正)佐藤 剛一
microwave
hydrogen production
carbon deposition
ST-21321
(13:00~14:00) (座長 西村 睦壱岐 英)
13:0013:20EB313固体高分子形水電解用Irナノ粒子連結触媒の開発
(東工大化生研) ○(学)杉田 佳之(正)田巻 孝敬(KISTEC/東工大化生研) (正)黒木 秀記(東工大化生研) (正)山口 猛央
Polymer-electrolyte water electrolysis
Connected nanoparticle catalysts
Carbon free catalysts
ST-21324
13:2013:40EB314可視光応答型有機半導体光触媒を用いた水の光分解反応
(神戸大院工) ○(学)内藤 翔太(神戸大工) 鴫田 捷仁(産総研) (正)桶本 篤史(神戸大院工) (正)谷屋 啓太(正)市橋 祐一(正)西山 覚
Photocatalyst
Organic Semiconductor
Decomposition of Water
ST-21563
13:4014:00EB315Ru触媒を用いた水素透過膜型電解セルによるアンモニア合成
(福岡大工) ○(学)今村 佳奈子(正)久保田 純
Electrochemical ammonia synthesis
Ru catalysts
Hydrogen-permeable membranes
ST-21322
(14:00~15:00) (座長 菊地 隆司松崎 良雄)
14:0014:20EB316ギ酸からの水素利用に向けた反応・分離技術の開発
(産総研) ○(正)井口 昌幸(正)川波 肇
catalyst
high pressure
hydrogen
ST-21973
14:2014:40EB317有機ハイドライドを用いた水素大量貯蔵輸送技術(SPERA水素)
(千代田化工建設) (法)長井 雅史(法)伊藤 正(正)三栗谷 智之(法)河合 裕教(法)今川 健一(正)岡田 将尭
SPERA hydrogen
Renewable energy
Hydrogen Refueling Station
ST-21603
14:4015:00EB318有機ハイドライドによるステーション向け水素供給技術の開発
(JXTGエネルギー) (法)水野 康(法)塚越 庄一(法)平野 佑一朗(法)永塚 智三(法)壱岐 英
organic hydride
hydrogen refueling station
ST-21928

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org